TOP


平成29年(2017年)2月3日は節分の日。
節分は、日本酒で恵方呑み!

ehonomi2015_1107_1

季節の変わり目である節分に、前の季節の厄払いと、次の季節に福がもたらされることを願って日本酒を飲む「恵方呑み」。福徳を司る神「歳徳神」が在する方角(恵方)に向かって事を行えば万事が吉と言われています。 みなさん、節分は、日本酒を片手に恵方を向き、願いごとを思いながら、新しい季節といっしょに福を招きましょう。平成29年(2017年)の恵方は北北西です。


2017_risshun_where
恵方ってどこ?

恵方は陰陽道において、福徳を司る神「歳徳神」が在する方角を指し、その方角に向かって事を行えば、万事が吉と言われています。平成28年(2016年)の恵方は「南南東」です。



ehonomi2016_0203_whatis
恵方呑みって何?

旧暦において年の変わり目であったこの季節に、旧年の厄を払い、新たな年に幸福がもたらされることを願って節分の行事は行われてきました。恵方は、陰陽道において福徳を司る神である歳徳神の在する方角を指し、その方角に向かって事を行えば万事吉とされると言われています。

今日、節分に恵方巻きなど、恵方の方角に向かって新たな節の福を願う行事が行われています。この節分の日に、恵方の方角に向かって日本酒を呑みながら、新たな節の福を呼びこみ、願いを叶えてみよう、というのが「恵方呑み」です。



2017risshun_manner
「恵方呑み」の作法をご紹介します。

1.好きな銘柄の日本酒を用意する
2.お気に入りの酒器に注ぐ
3.恵方の方角を向く(北北西の方向)
4.気持ちを落ち着け、願い事を思い浮かべる
5.日本酒をいただく



rikka_god_300
歳徳神って?

恵方の方角には、福徳を司る神である「歳徳神(としとくじん、とんどさん)がいます。

節分の日にその方角に向かって事を行えば、万事に吉とされると言われています。これは、徳は得に通じ縁起が良いとされ、歳徳神のいる方角は「恵方」と言って縁起の良い方角とされたから。

「歳徳神」は、暦には美しい女神の姿をしていますが、民間信仰から由来したために様々な形で伝承されています。福を招き、得を得たいを思う人々の気持ちを反映したものではないでしょうか。



2017_risshun_when
節分って、いつ?

立春とは、冬から春へと季節が移りゆき、春の気配が感じられる頃を言います。立春の前日の2月3日は節分。季節の変わり目である節分に、前の節の季節の厄を払い、次の季節に福がもたらされることを願って、恵方巻きのように日本酒を飲むことを「恵方呑み」としています。



ehonomi2015_1107_1
ポスターダウンロード

「日本酒で恵方呑みをしよう。」のポスターやバナーをダウンロードしてお店に貼ったり、フェイスブックのカバーにして恵方呑みを広げよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です